アイキララ まぶた

アイキララはまぶたにも使えますか?

 

 

 

 

アイキララは目の下のくまに愛用することが多い化粧品ですが、「まぶた」のたるみには使用できないの?という声も多数挙がっています。
グーグルで検索するとキーワードツールに出てくるくらいなので、アイキララとまぶたについて検索している方が多数いるということですね。

 

アイキララはまぶたに使用することはできるのでしょうか?また、まぶたに効果はあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

アイキララでまぶたのたるみを解消する

 

 

アイキララは目の下だけでなくまぶたにももちろん使用できます。
この時の注意点としては目にクリームが入らないように注意しましょう。

 

目の下はクマとたるみが目立ちますが、まぶたは加齢とともにたるみがひどくなると、どんどん下に落ちてきます。
まぶたが下に落ちると年齢よりずっと老けてみられてしまいますからね。

 

加齢によってまぶたがたるむ原因はコラーゲンが減少することによって肌の弾力は失われることが1つの原因です。
30代になると肌のハリを保っているコラーゲンやヒアルロン酸が減少傾向になるので肌のたるみ・シワの原因となってしまうのです。

 

アイキララがサポートするのはこの目のハリ・弾力を取り戻すお手伝いです。

 

目元は皮膚が薄く、特に肌のハリが失われる部分でもあるのでアイキララはそこにビタミンC誘導体を送りこむことで、肌を活性化させまぶたにハリを取り戻す効果を期待することができます。

 

 

 

 

 

 

アイキララとまぶたトレーニング

 

そしてまぶたが落ちてくるもう1つの原因が筋力の低下です。

 

「目にも筋肉ってあるの?」と思うかもしれませんがちゃんとあります。

 

目の周囲には眼輪筋という筋肉がついているのですがこの筋肉が衰えることもたるみ・くぼみの原因です。

 

アイキララで肌のハリをケアして、眼輪筋を含めた表情筋のトレーニングも併用して行うことをおすすめします。

 

 

・アイキララによるまぶたのケア

 

・眼輪筋トレーニング

 

 

この2つを実践すればまぶたの老化への悩みはなくなることでしょう。

 

 

 

 

 

加齢によって目にくぼみが出たりたるみが出ると年齢より老けてみえてしまいます。
目元で人の印象は8割以上が決まると言われていますからね。

 

老けている印象・疲れている印象などは他人から見てマイナスであることは言うまでもありません。
アイキララで目元のケアを行うことであなたの印象も随分変わることでしょう。

 

目のケアを行うのであればアイキララは試してみて損はない化粧品だと思います。