アイキララ 成分

アイキララの成分について

 

 

 

 

アイキララの成分にはどんなものが配合されているの?と気になる方もいて当然です。
顔のパーツの中でも得にデリケートな目元に使用するクリームなので安全な成分がどうか知っておく必要があります。

 

アイキララにはたくさんの成分が配合されているのでその全てについて知る必要はないと思いますが、成分を知っておくと他の化粧品選びにも役立ちことがありますので知識を深めておいて損はないと思いますよ。

 

アイキララの成分にはどんなものが配合されているのでしょうか?

 

 

 

全成分

 

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

 

 

 

 

目の皮膚痩せをサポートする成分

 

アイキララの一番重要な成分は「MGA」と言われるビタミンC誘導体の一種です。
ビタミンC誘導体とはビタミンCを人工的に改良したものです。

 

ビタミンCが肌に多くの効果をもたらすことは誰もが知っていることですがビタミンCの成分は非常にもろく壊れやすい特徴があり、化粧品に配合しても肌に浸透する前に壊れてしまいます。

 

ビタミンC誘導体に変化させることで肌への浸透力をアップさせ美肌効果を生み出すことができるようになったのです。
MGAはこの誘導体の一種であり、たるみが目立つ目元のハリを取り戻す働きをします。

 

コラーゲンに働きかけることでたるみを改善し目のハリをアップする成分です。
アイキララの重要成分ですので最初に紹介しておきます。

 

 

 

 

 

他成分について

 

DPG

 

DPGは化粧品に多く配合されている成分です。水と油を中和する働きがあります。同時に保湿効果があり肌の乾燥も予防できることで、化粧品には便利な成分なのです。
ハムなどの加工食品にも使用されていて安全性の高い成分です。

 

 

コメヌカ油

 

コメヌカから抽出された油で高い保湿効果や肌のバリア機能に効果がある成分です。
コメヌカ油を使った後の肌はとてもなめらかになります。

 

植物成分ですので安全性には問題ありません。

 

 

パルミチン酸エチルヘキシル

 

成分が肌によくなじめるようにサポートする成分です。
植物性の脂と高級アルコールを配合させている成分ですが肌への刺激はとっても少なく毒性はほぼないとされています。

 

 

 

グリセリン

 

ほとんどの化粧品に配合されています。
グリセリンは保湿成分としての役割があります。
安全性は非常に高いので食品などによく使用されているものです。

 

 

 

 

ベヘニルアルコール

 

オーガニック化粧品など高品質な無添加化粧品に配合されている成分です。
ベヘニルアルコールはアルコールの一種ですが高級アルコールですので肌への負担はありません。
肌を保護する役割があります。

 

 

 

トリエチルヘキサノイン

 

ベタツキがなく肌になじみやすい成分で化粧品にはよく配合されています。
天然成分から作られているので安全性の高いものです。
水分の蒸発を抑え、肌の水分量を保つ働きがあります。

 

 

 

ステアリン酸

 

肌の他の成分が浸透しやすいようにサポートする成分です。
毒性が低く安全な成分です。

 

 

 

 

ステアリン酸グリセリル

 

界面活性剤の一種ですが天然成分から作り出されている安全な界面活性剤であり毒性はありません。
浸透作用があり化粧水などに配合されることが多い成分です。

 

 

 

セテス-25

 

非イオン性界面活性剤でありイオン性ではないので毒性は低いものです。
安心して使用できます。

 

 

 

ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸

 

ビタミンC誘導体です。目元のハリ・クマを解消する為の大切な成分です。

 

 

 

 

パルミトイルテトラペプチド-7

 

4種のアミノ酸から成る高品質な成分です。肌の弾力・ハリを取り戻す為に働き、老化を予防します。
高品質な化粧品のみ配合されている成分です。

 

 

 

 

クリシン

 

抗炎症作用があり肌の炎症を抑えます。
毒性は全くなく安全な成分です。

 

 

 

N-ヒドロキシコハク酸イミド

 

血行促進作用があり「青クマ」解消に働きます。
目元の血流を良くしてくれる成分です。

 

 

 

ステアレス-20

 

ヤシの油と石油で作られた洗浄成分です。界面活性剤として化粧品などに多く配合されています。
ステアレス-20は安全性が高いものと言えますがステアレス-50などは毒性が高くあまり使いたくないとされている成分です。似ているので気を付けるようにしましょう。

 

 

 

グルコン酸クロルヘキシジン

 

皮膚を保護する働きがあり、アイキララの成分を腐らせないように保護している成分です。

 

 

 

アンズ核油

 

バラ科の植物から抽出された自然成分です。
肌をなめらかにする効果があります。

 

 

 

アボカド油

 

アボカドから抽出されたエキス。
高い保湿効果があるとされています。

 

 

 

カニナバラ果実油

 

バラ科の植物から抽出されたエキス。
色素沈着の予防などの美容効果があるとされている自然成分です。

 

 

 

ヒマワリ種子油

 

ヒマワリの種子から抽出されたエキス。
アンチエイジング(老化防止)・保湿効果・肌をなめらかにする効果などが期待できます。

 

 

ナットウガム

 

肌の潤いを長時間保つ効果があります。

 

 

BG

 

保湿や防腐剤としての働きがある成分です。

 

 

ジメチコン

 

アイキララの成分を調整する役割として配合されています。

 

 

 

トコフェロール

 

ビタミンEのことです。抗酸化作用がある若返り作用が期待できます。

 

 

 

コレステロール

 

コレステロールは肌のキメ・潤いを整える働きがあるとされています。

 

 

 

シア脂

 

ベビーローションなどにも配合されている安全性の高い保湿成分です。

 

 

 

 

 

アイキララの成分を細かく分析して簡単ですが説明していますので時間がある方は参考までにご覧になって下さい。
ここまでアイキララの成分を深く知る必要はありませんが、アイキララが目元ケアに効果的な成分がたくさん配合されていることが分かります。

 

さらに肌への安全性が高いものばかりで刺激が強く毒性の高い成分は1つも配合されていないことが分かりました。
効果も安全性も高い「アイキララ」ということですね。